口内環境悪化はステイホームのせい?

先日、外出自粛も少し緩和されたので、子供たちを連れて歯科医院へ向かいました。

目的は「歯の健診(歯の状態確認)」どうか…虫歯はありませんように。。

半年ぶりぐらいになってしまった…外出自粛はこういうところも影響がある。

向かうときには要注意で、ぎりぎりまでマスクは外さない。

むやみやたらに壁や椅子、ドアノブを触らない。

治療が終わったらすぐに出る。

こんな、ことを三人の子供たちと声掛けをしながら私も元気に向かったが、帰りは私がただ一人ぐったりしてしまった…。



何が起こったかというと、

子供たちの歯の状態をみてもらい、

歯科医から

「虫歯はないけども…歯肉炎、プラークもひどい。」

「お子さんに聞いたら、お菓子もジュースも大好きと、家にいるときはいつもアイス食べてるって言ってます」


そうです、食べさせてしまってました。

だって、ステイホームだったから!!!!


朝から夜までずっと家にいたので

子供たちだけの時間が多くなり、ゲームやアニメを見る時間が増え、ゴロゴロとする日々。

そして…お菓子やジュースも、食べすぎは駄目だとはわかっていても、

「食べていい??」と電話が入れば、認めてしまっていました。


子供たちの口内環境が悪化してしまったのは…

母親である私のせいです!!!

ステイホームのせいではない!!!




口の中がベタベタ…といった先生は

そのあと、丁寧に食生活を変えることを指導してくれました。

「肉、赤身が多い肉を食べるといいです。遺伝子組み換えのトウモロコシを甘味に使った飲み物も避けたほうがいい。」

「100%カットすることはできないし、たまにのご褒美でジュースやアイスもOKです。でも日常生活に頻繁という状態だと、こうなります。歯、だけじゃないんです。口の中は、食生活や日常生活をすぐに表します。体に影響するんです。」

そして

「歯磨きだけでは、歯の状態を保つことはできないんです。やっぱり食生活なんです。」と、真剣に話してくれた歯科医。



大事な子供たちの歯、一生自分の歯で美味しく食事をしてほしい。

そのために、私自身も一緒になって

ステイホームのせいにしないで

健康な口内環境を取り戻すための食生活、生活環境に取り組んでみようと思う。



#口内環境の悪化#ステイホームのせい#一生自分の歯

記事ERIKO